ものすごく限定的な情報ですが・・・よかったらどうぞ
北京生活を始めて1年半。買い物、食事、子育て、旅行、レジャー等、管理者の超私的経験から得た超私的情報を発信。“使える人が極端に限定された、あまり役に立たない情報だけどよければどうぞ”的ブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京の室内スキー場「喬波室内滑雪館」についてのコト
先日行ってきました、北京市順義区にある喬波室内滑雪館

室内スキー場



北京の日本人向けフリーペーパー「スーパーシティー プラス10月号」に掲載されているのを見てからずっと行ってみたかったんです。


ただ、そうは言っても正直期待半分くらいでした。まあ、軽く遊べればいいかな位の。だって中国ですから。


しかし、その予想は意外にも大きく外れてしまいました。ここって結構いけてます



まず何がいいかって、人が少ない。確かに平日だったことはありますが、滑っている人は疎らで、全部合わせても30人くらい。それにゲレンデも意外に広いこともあって、かなり快適に滑れます。この日ゲレンデの60パーセント位は工事中で使えなかったのに…。


それに何よりマナーがいい。これは中国ではかなり珍しいことですどんなにすばらしい場所も、いつもこれで悪印象になるんですが、この日は気持ちのいいまま帰れました。やはり料金設定とスキーというスポーツの印象が影響しているものと思われます。


そして施設が新しい。オープンしたばかりで、施設も道具も新しい。今回は利用しませんでしたがレストランや入浴施設もあり、ハード面は問題ないと感じました。


ハードといえば、肝心のゲレンデのほうですが、雪質はパウダースノーとはいかないまでも、環境がコントロールされているため雪質が安定しており、重くなったりアイスバーンになったりすることも無く、悪条件での天然ゲレンデに比べればかなり気持ちよく滑れます


吹雪やガスもありませんしね。まあ、山から昇ってくる朝日やダイヤモンドダストにも出会えませんが


斜度は初級が平均8度、中級が平均17度。ゲレンデの幅はともに40メートルで、長さは初級が200メートル、中級が300メートルです。実際に見ると意外に広く、十分遊べます


初級コースにはパークもあり、キッカー、レール、ボックスが設置されていて、ワンメイク修行中の私はずっとこのキッカーで跳んでました。
なかなかいいキッカーでした。

R1092689.jpg




と、ここまでよいところばかり書いてきましたが、難点も少し。


まずアクセスが悪い


私は自家用車で行きましたが、北京市内から約1時間かかりました。さらになかなか見つけることができず苦労しました。順義の街中からは4キロほど北上した郊外にあります。


公共交通機関で行こうと思うと東直門から915番のバスで順義の勝利小区まで行って、そこから4番のバスに乗り換えるかタクシーということになります。


それと難点をもう一つ。サービス体制がまだまだです。オープンして1ヶ月。もうそろそろスマートにやって欲しいものです。


まあ、いろいろ書いてきましたが、トータルで合格です。試しに行ってみてはどうですか?


というわけで以下は料金データです。

     平日   土日
1時間  150元   180元 

2時間  180元   230元

3時間  220元   280元

4時間  260元   320元

17:00~21:00 198元

上記は道具代込み。道具持込は30%off。夜間料金は持ち込みoffなし。
時間は板を借りてから、靴を返すまでの時間で計測。1分過ぎるごとに2元加算。15分を過ぎると1時間分加算。

今ならスーパーシティーを見たといって予約すると10%off


ウェアレンタル代 30元。上下どちらかだと20元。

ロッカールーム代 10元。

入浴場      68元。(マッサージ室、休憩室、ビジュアルルーム及び入浴、タバコ、ドリンク、フルーツ、スナック代込み) 

入浴場は利用してないのでわかりませんが、今度是非利用してきます。

セット価格もあります。

2時間+定食+入浴 280元

4時間+定食+入浴 380元   お得です。次回使ってみます。


問合せ先は

 喬波室内滑雪館 010-8497-2568or2569
北京市順義区順安路6号
 www.qbsky.com

車で行く場合は京蜜路を北上して馬坡路口を右折し、右側に燕京ビールの工場が見えてきたら工場が終わった交差点で左折(この交差点に看板あり)し、2キロほど進んだ右側です。



スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
体力不足


このページを見てから、
屋内スキー場に予約を入れ
たった今帰ってきました。
3時間の制限時間を一人で行って来たので、いい感じに疲れています。

スキーヤーで、よく「石京竜」スキー場には行くのですが、「コブ」がないんですよね。
でも、ここには有り、少しですが楽しみました。
コブに飢えているスキーヤーには「少し」朗報ではないでしょうか?

往復タクシーで150元も掛けてしまいましたが、
もし空港の側に会社があるなら、
「仕事終わってから割引料金で滑る」
という使い方が出来ますね。


貴重な情報ありがとうございました。
2006/01/15 (日) 16:44:39 | URL | きっちょむ #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございます
ここ、結構いいですよね。
私もあれからもう一度いきました。

本当は屋外のスキー場にはまだ一度も行ったことがなくて、ぜひ行きたいんですが、時間がなくてこっちに行っちゃいました。

北京周辺のスキー場はどうですか?
ぜひ教えてください。
2006/01/15 (日) 21:17:54 | URL | 二ィ兄さん #-[ 編集]
北京郊外スキー場

そうですね、
結構イイ練習場だと思います。

もともと、北京に来てスキーが出来るとは思っていませんでしたから、少しはバイアスが入っているかも!?

北京郊外のスキー場と言えば、恐らく、「石京竜」か「南山」のどちらかだと思います。
普段、足になる車がないので、バスパックツアーのある「石京竜」に行くことが多いですね。今シーズンは180元(+押金200元)で服から板まで借りられます。
スキーはブーツがバックエントリー+板はカービング。(+100元で4バックルのブーツになるコースもあり(先シーズンの情報))
ボードは一緒に行った人の話では、「力を入れるとビンディングがゆるむ」ということもちらほら。。。
見ている限りでは、ボードよりも、スキーの方がレンタルの状態はいいかな。。。
ちなみに、更衣室などはないので、『外』で着替えます!


もう一つが「南山」。
先シーズンに一回のみ。ちょっと詳しい状況は覚えていません\(^_^)/

と、このぐらいのですね。

喬波室内滑雪館は他と比べると、更衣室とか、トイレとかスキー以外の部分もかなり良い線です。





2006/01/15 (日) 21:55:19 | URL | きっちょむ #mQop/nM.[ 編集]
情報ありがとうございます。
そうですか。設備インフラはまだまだですか。

結構雑誌とかにも宣伝しているので、設備等も充実しているかと思っていました。

でも1度くらいは行って見たいですね。

当方、自家用車がありますので、スケジュールが合えば、1度ご一緒願えればと思います。
2006/01/18 (水) 11:10:41 | URL | ニィ兄さん #-[ 編集]
その他

昨日また別のスキー場に行って来たので書き込みます。

昨日行ったのは南山スキー場。
インターネットで見つけたバスツアーに友達と申し込んだのですが、

価格:320元
(バス代、オールレンタル込み)
行き先:南山スキー場
出発地:東直門

と言った感じ。

設備インフラは、石京竜と対して変わらない。
レンタルスキーの板はカービングではあるけど、やはりブーツが古いまま。見た感じは石京竜のほうがいいかな。

ゲレンデは、珍しく上級斜面にコブ有り。気温が低かったせいか、非常に堅かった。
他は、石京竜よりも、全体的に斜度は緩い。だから、中級に飽きてしまうと、いきなりコブ斜面しか選択肢がない。

こんな感じでした。

2006/02/04 (土) 11:22:39 | URL | きっちょむ #mQop/nM.[ 編集]
情報ありがとうございます。
個人的に南山は一番期待していたのですが、石京竜とかわりませんか。

パークが充実してるということでボーダーにはいいのかもしれませんね。

けど、スキー場に行くことを夢見て数ヶ月・・・

いまだに実現しておりません。寂しい・・・
2006/02/04 (土) 19:08:37 | URL | ニィ兄さん #-[ 編集]
パーク
ついつい飛べないスキーヤーな為パークのことを書くのを忘れました。

パークはあるのですが、たぶんまともには入れません。ボックス、レール、キッカー等そこそこ項目的にはありますが、初心者用の斜面を利用しているため、斜度が不足していて、スピードが乗らず、逆に難しいのでは?と思います。

今のところ、お気に入りは
1.石京竜
2.喬波
の順でしょうか。
今度、万竜(張家口)を目指したいと思いますが、ここの最大のネックは足がないと移動手段が非常に限られる。。。ということで考え中です。


2006/02/04 (土) 20:58:10 | URL | きっちょむ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ものすごく限定的な情報ですが・・・よかったらどうぞ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。